我有LSD的日々

2015/07/04

ぎんじが今日7/4で二十歳を迎えました。
昨年末、ツアー先でペットシッターさんから「ぎんちゃんが立てない」とのメールをもらった日、
ああついに来たかと覚悟を決めてからもう半年が過ぎました。
年を越せるだろうか?
桜の季節を迎えられるだろうか?
二十歳を迎えられるだろうか?
を全部クリアした。
次の目標は、なんだろ。

ぎんじは僕がまだ目黒区民だった20年前、
区の広報で知った犬猫里親譲渡会で初めて会ったのでした。
当時僕はどうしても犬を飼いたくて、
わざわざペット可物件を探して引っ越したばかり。
で、出かけた譲渡会場の目黒ふれあい橋にぎんじはいました。
その日僕はかなり出遅れてしまって、
ほんとは柴系の子犬が欲しかったんだけど、
子犬はもうほぼ貰い手が決まってしまっていました。
むう、遅かったかと帰ろうとした時、
売れ残っていた白い犬と目が合いました。
それが、ぎんじでした。
ぎんじはその時点でもう生後何か月か経っていたので子犬というには大きく、
しかも痩せていかにも貧相な犬で、
貰い手もなく売れ残っていたわけです。
いやいやオレは子犬を貰いに来たんだから帰ろう、
と一度は会場を後にしたのですが・・。

この犬、もらっていいですか?
その日のうちに里親会の方がぎんじを車で連れてきてくれました。
これ、里親希望者がちゃんと犬を飼える環境かどうかをチェックするためなんですね。
説明も受けました。
捨て犬なこと、
右前脚に障害の恐れがあること、
それでもいいですか?
最期までちゃんと面倒見てくれますか?
と。

そしてぎんじは家族となりました。
20年間、僕のあんなことやこんなことも全部知ってる。
今はもう寝たきりだけど。
でもまだ食欲もあるし今のところ内臓系の病気もない、多分。
まだ頑張れそうだよな、ぎんじ。
いや、あんまり頑張らなくてもいいんだけど。

とはいえ残された時間がそう長くはないことは分かっているわけで。
ぎんじが死んだらしばらく僕はダメだろうから、
今のうちにここに記しておこうというわけ。
凄いよなぎんじ、お前二十歳だってさ。
おめでとうだ。

a0116166_3345342.jpg

[PR]



by naru_lsd | 2015-07-04 03:41

横道坊主・スリルラウンジのマネージャー成澤のBOOTLOG
by naru_lsd
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧